飲食店などの領収証の記載には

飲食店などの領収証の記載にはお通しの注文数から同席していた人の数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。
さらに、クレジットカード使用時の支出については月ごとに確かめるようにします。仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、同伴者がいたと判断される事があります。日常生活の中で、相手の行動を注意しながらみることはだれにも頼まずにできることですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を手に入れるためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。
そして、探偵をお願いした場合は、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。
浮気調査に必要な期間は、普通は1週間以内には終わります。
とはいっても、これはあくまで一般的な期間です。普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあります。一方で、浮気するだろうという日が調査員に伝えられていた場合は、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。
探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。当然のことですが、調査員が1人であれば安く、増えれば増えるほど高くなります。
そして、尾行時に車とかバイクで行う場合、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認が大切です。
探偵に浮気調査をお願いして、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。
不信感を抱いてしまった相手と死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。それと、原因となった不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば確実に別れさせることもできるはずです。