プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところ

プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚をしないという選択肢もあります。子供がいらっしゃる場合だと特に、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。
請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。
動き方を書き留めておくことで浮気の裏付けができることもあるでしょう。
日々の人間の行動には、ほぼ決まりができるものです。
けれども、浮気をすると、行動のパターンが変わります。
時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを見つけることができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。
相手に気づかれないで客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、必要とされる技術および機材があります。
せっかく撮った浮気現場の写真も、顔が見分けられないような露出不足だと証拠とは認められません。
浮気の調査を探偵に任せると、超小型のカメラを用意するなどして覚られないうちに十分証拠となる写真を撮ることができます。
時間単位での尾行料金が設定されている場合、尾行をする時間が短い方が、お金がかからなくなります。よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃からパートナーの生活のパターンを観察しておく必要があります。
自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に尾行をお願いすると、探偵にも余計な労力がかからず、どちらにもメリットがあります。もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。
しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。
慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、あなたの年齢、結婚歴等全体的にみて裁判官が判断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です